教育します!ニュースを読みましょう。

教育します!ニュースを読みましょう。
教育します!ニュースを読みましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL スポンサー広告 コメント : - トラックバック : -
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://momota4.blog90.fc2.com/tb.php/11-dc2725ec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Windows Vistaへの対応状況

Windows Vistaにこれからは、
注目です。

どうなっていくのでしょうかね???

便利になるといいですね。

impress Watchによりますと、
NTT西日本、フレッツサービスのWindows Vistaへの対応状況を公表


 NTT西日本は24日、同社が提供するフレッツサービスについて、マイクロソフトが1月30日にコンシューマ向けに発売する「Windows Vsita」への対応状況を明らかにした。現時点で、一部の機能が利用できない事象を確認しているという。

 「フレッツ・光プレミアム」では、「スタートアップツール」と「セキュリティ対策ツール」、「コミュニケーションツール(テレビ電話ツール)」の利用ができない。Windows Vistaへの対応時期は、スタートアップツールが1月30日、セキュリティ対策ツールが2月下旬以降、コミュニケーションツールが3月下旬を予定するという。

 「Bフレッツ」および「フレッツ・ADSL」では、「フレッツ接続ツール」を使用したインターネット接続が利用できない。対応予定時期は2007年度第2四半期。なお、Windows Vistaが標準搭載したPPPoE機能による接続が可能なほか、ブロードバンドルータ経由であれば、インターネットに接続できる。



 「フレッツ・スポット」では、IEEE 802.1x認証に対応した「高セキュリティプラン」が利用できないため、NTT西日本では標準プランの利用を呼びかけている。対応時期に関しては5月下旬を予定。また、フレッツ接続ツールについても、Bフレッツおよびフレッツ・ADSLと同様の対応時期になる。

 IPv6サービス「フレッツ・v6アプリ」では、スタートアップツールが2月下旬以降、セキュリティ対策ツールが2月下旬以降、コミュニケーションツールが3月下旬の対応を予定。なお、STBを利用したサービスを含め、コンテンツの視聴機能はWindows Vistaでも利用できる。

 このほか、フレッツ向けコンテンツサイト「フレッツ・スクウェア」で提供するコンテンツの視聴状況については検証中とした。また、PCを利用したテレビ電話サービス「フレッツ・コミュニケーション」に関しては、Windows Vistaへは対応はしないという。

 なお、NTT東日本でも準備が整い次第、Windows Vistaへの対応状況を公表するとしている。

スポンサーサイト
コメントの投稿
新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバックURL
http://momota4.blog90.fc2.com/tb.php/11-dc2725ec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
最近の記事
お気に入り
ブログ内検索
RSSフィード
RSSフィード
リンク
カテゴリー
プロフィール

momota4

Author:momota4
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
アクセス解析

リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。